法律でよく使われる言葉、文体のクセについて

法律というものは非常に難しいものです。ほとんどのケースにおいて、出てくる用語が難しいというよりも法の解釈自体が難解であると言ったほうが正しいです。他にも法というものを難しくしているものがあります。それは普段の生活ではあまり使わないような言葉が繰り返し使われるということです。たとえば、法律では、又は、もしくという言葉が多様されます。この言葉は法関係以外の専門書などでも使う言葉ではありますが、法の場合においては、前後に難しい言葉や聞き慣れない言葉が使われているためたとえ日本語として読めたとしても、その解釈が正しいのか不安になってしまうというのが正直なところです。そもそも法というものは日本という長い歴史や経験の上に成り立っているものであり、法の文体自体も昔ながらの言い回しや、言い方で策定されています。そのため、まず最初は非常にこの法独特の文体のクセを把握してしまえば、慣れてしまえば、読むのにも苦労しなくなるというのも事実となります。法律の言葉で苦戦している方は、まずはこの法独特の文体のクセを把握して理解を進めることをお勧めします。